<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


海自「きりしま」のSM3実験に抗議します

【血税浪費のミサイル実験に抗議し、武器輸出解禁に反対します!】 [転送・転載歓迎]

海上自衛隊のイージス艦「きりしま」(横須賀基地所属)が10月28日(日本時間29日)、
ハワイ・カウアイ島沖で「ミサイル防衛」用迎撃ミサイルSM3の迎撃実験を行い、「成
功した」と報じられました。経費は約67億円とされています。07年から始まった実験は4
隻目となり、いったん一区切りとなります。今までに250億円を上回る巨額の血税が投じ
られました。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010102900695(時事)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101030k0000m010046000c.html(毎日)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101029-OYT1T00552.htm(読売)

ハワイの先住民への抑圧と環境破壊をもたらす点など、実験の問題点は以前のものと何ら
変わっていません。以下をご参照ください。
              ↓
 http://www.geocities.jp/nomd_campaign/report-NO-to-SM3.html

これらに加えて強調したいのは、「実験成功」が“大本営発表”に他ならないことがます
ます明らかになっている点です。

『世界』(9月号)に訳文が全文掲載された、ジョージ・N・ルイス、シオドール・A・
ポストルによる論文「欠陥だらけで危険な米国ミサイル防衛計画」は、今までのSM3の
迎撃実験が、必要とされる弾頭の直撃にほとんど失敗していることを暴露しています。

 関連情報 → http://nomd.exblog.jp/13882207/

民主党は、「MDの総合的見直し」(衆院選政策集)という公約を実行しないまま、血税
浪費の政策を踏襲し続けています。MDという無駄遣いの本丸こそ「事業仕分け」で廃止
すべきです。ところが、日米共同開発中の能力向上型SM3(ブロック2A)の欧州輸出
などを名目に、武器輸出禁止三原則の大幅緩和さえ強行されようとしています。

 防衛大綱:民主調査会が提言骨子案 武器輸出「新原則を」「南西諸島」盛る
 (10月29日、毎日)
 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101029ddm005010024000c.html

メンバー構成さえ秘匿した(民主党事務局に問い合わせても「メンバーはお知らせできま
せん」)党内組織の秘密協議によって、憲法9条に基づく「国是」とも言われる大原則を
破壊することは許されません。「武器輸出国」への動きを止めるために、具体的行動を起
こしていきましょう。

【抗議・要請先】

<防衛省>

北澤俊美 大臣    (FAX)03-6551-0312   (TEL)03-6550-0312

安住淳 副大臣    (FAX)03-3508-3503    (TEL)03-3508-7293

広田一 政務官    (FAX)03-6551-0507    (TEL)03-6550-0507

松本大輔 政務官   (FAX)03-3508-3355     (TEL)03-3508-7475

<民主党外交・安全保障調査会>

中川正春 会長    (FAX)03-3508-3428    (TEL)03-3508-7128

長島昭久 事務局長    (FAX)03-3508-3309   (TEL)03-3508-7309

吉良州司 事務局次長   (FAX)03-3508-3364    (TEL)03-3508-7484
[PR]

by nonukusandmd | 2010-10-30 23:28 | アクションの呼びかけ

10月17日(日)21時よりNHK総合「貧者の兵器とロボット兵器」放映

9月にNHK・BSハイビジョンで放映された番組が、10月17日(日)夜に総合テレビで
(短縮版ですが)再放映されます。見逃せない映像ですのでぜひご覧(録画)ください。
[転送・転載歓迎]

…………………………………………………………………………………………………………

◆10月17日(日) 午後9時~9時50分 NHK総合テレビ
「貧者の兵器とロボット兵器~自爆将軍ハッカーニの戦争」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/101017.html

【関連資料】(番組を見られた後日にでもじっくりご覧ください)

▼P・W・シンガーが語る軍用ロボットと戦争の未来(←必見!)
http://www.ted.com/talks/lang/jpn/pw_singer_on_robots_of_war.html

▼P・W・シンガー『ロボット兵士の戦争』( http://amzn.to/bKwerh 
書評(日経):高橋和夫氏(放送大学)
http://s.nikkei.com/bUJSbN 

▼毎日新聞 9月27日・大治朋子記者レポート

◇軍事用無人機 拡大する需要 米コロラドで展示会
http://mainichi.jp/select/world/news/20100927ddm012030068000c.html

◇過剰な攻撃を引き起こしかねない~ロボティック・テクノロジー社長の話
http://mainichi.jp/select/world/news/20100927ddm012030073000c.html

▼朝日新聞スクープ:研究者をカネで囲い込む米軍

◇米軍の研究助成、増加~日本技術の軍事応用も視野(9月8日)
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/BDH2k75jSg

◇アカデミアと軍事(1)米軍基地経由で研究費(9月10日)
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/2nKr95X3cg

◇アカデミアと軍事(2)「米軍マネー」迷う学会(9月17日)
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/o5JJLaEoLM

◇アカデミアと軍事(3)研究現場訪ね、助成判断(9月24日)
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/l64N5GnrZj

◇アカデミアと軍事(4)民生との境、増す矛盾(10月1日)
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/o8w7bW2Glt

◇アカデミアと軍事(5)完 手探り続く研究モラル(10月15日)
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/fc4KEY7ts4

▼「画像ジャイロ」日米共同研究
米軍のロボット空爆を支援する「画像ジャイロ」共同研究。紛争加担
の武器技術供与であり、武器輸出禁止三原則違反。中止を求めよう!

◇外務省:画像ジャイロに関する共同研究についての書簡
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/22/2/0217_03.html

◇吉井英勝議員が衆院経済産業委員会で追及(赤旗、5月27日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-05-27/2010052704_02_0.html

▼軍事ロボット製造企業アイロボット社CEOに戦争責任を問う!
http://nomd.exblog.jp/14197771/

<その他資料>
http://nomd.exblog.jp/13910000/
[PR]

by nonukusandmd | 2010-10-17 00:24 | 参考文献・映像

【重要】「特別枠」パブコメに「思いやり予算」「MD経費」NO!の声を

【重要】「予算特別枠」パブリックコメントに「思いやり予算」「MD経費」NO!の声を

                       [転送・転載歓迎]

現在、政府が「予算編成過程の透明化、見える化を進める一環として」、2011年度予算
に設ける「元気な日本復活特別枠」の配分を決める「政策コンテスト」を始めています。
その一つの試みとして、意見募集(パブリックコメント)が受け付けられています。締め
切りは、19日(火)17時まで(必着!)です。

 「元気な日本復活特別枠」に関するパブリックコメント(意見募集)
  http://seisakucontest.kantei.go.jp/index.php

今回の防衛省の特別枠の中には、見逃せない要望が盛り込まれています。その代表格が、
★「在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)」約1859億円と、★「弾道ミサイル防衛
(BMD)関連経費」約1166億円です。併せて約3000億円を超える(!)巨額の血税
を要するこれらの事業は、「元気な日本復活」とは真逆の「属国日本&沖縄差別継続」
特別枠とも言うべきものです。

防衛省は「まさか削られることはないだろう」との判断によって、あえて自らが重視す
る2つの予算を「特別枠」に入れ込みました。これは、沖縄をはじめとする基地周辺住
民や納税者を見下した許し難い企てです。

また、米国は「『思いやり予算』の呼称は時代遅れだ」として、予算増額を要求。さら
に、日米共同開発中の能力向上型SM3ミサイルを欧州などに輸出するために、武器輸
出禁止三原則の更なる骨抜きを求めています。

確かに今回の意見募集は形式的な側面も否めませんが、集計は公表されます。主権者の
声をはっきり示すために、この機会を積極的に活用するべきだと考えます。ぜひ、「思
いやり予算とミサイル防衛経費はいらない!」という声を届けてください。
【期限は19日(火)17時まで 必着です!】

            ↓ 

 ※ユーザー登録・ログインが必要です。

(1)防衛省の要望項目
http://seisakucontest.kantei.go.jp/project/list2.php?t=25
  をクリック

(2)事業名をクリック
  (2501番 在日米軍駐留経費負担、2502番 弾道ミサイル防衛関連経費)

(3)開かれた画面を見て(画面が開かない場合は、枠の右上「新しいウィンドウを開く」
  をクリック」)「この要望についての意見を提出する」をクリック

(4)意見を記入して送信
[PR]

by nonukusandmd | 2010-10-16 00:19 | アクションの呼びかけ

軍事ロボ製造企業アイロボット社CEOに戦争責任を問う!

【報告】
軍事ロボット製造企業アイロボット社のCEOに戦争加担の責任を問う!
                
                     [転送・転載歓迎]

 10月7日(木)夕方に東京・御茶の水の明治大学リバティホールで行われた米アイロボット
社創立20周年記念「コリン・アングル プライベートセミナー」に参加しました。同社の看板
製品は日本でも販売されている掃除ロボ「ルンバ」と、戦場ロボ「パックボット」。軍事部門
は売上の3分の1を占めています。パックボットはアフガニスタンやイラクなどでのIED(即
席爆発装置)の探知・処理などで「活躍」しており、映画『ハート・ロッカー』にも登場しま
す。ステージ上にはルンバとともにパックボットもしっかりと置いてありました。

 セミナー概要 http://www.irobot-jp.com/event/seminar20101007/

 はじめに、明治大学の黒田洋司准教授が講演しましたが、「日米ロボット研究の違い」をテ
ーマにしながら、軍事ロボットの問題には一言もふれませんでした。続いてアイロボット社C
EO(最高経営責任者)のコリン・アングル氏が、起業から「成功」に至るまでを逸話を交え
ながら講演。彼はイラクでの爆弾処理映像も見せながら「かっこいいもの、すばらしいものを
作り、お金儲けをして、最終的に世界を変えたい」と主張しました。 

 コリン氏講演後の質疑応答で、私も意を決して質問しました。「P・W・シンガーの書いた
『ロボット兵士の戦争』(NHK出版)にアイロボット社の記述もある。ロボット戦争には二
重のグレーゾーンが存在すると思う。第一に、国際法違反の戦争に兵器供給する企業の戦争責
任。そしてロボット兵士、特に完全自律型ロボットの戦争犯罪をどう裁くべきか。考えをうか
がいたい」と。

 これに対してコリン氏は、「パックボットは負のロボットではなく、人々の生命を、世界中
の兵士を助けている。ハリウッド映画の影響で人々のロボットへの懸念が増しているが、地雷
(IED)の方を懸念すべきだ。ロボットを使うことでより人道的、安全な可能性が生まれ、
世界の対立を終焉させることができる。当社のロボットが世界中で使われ、殺されることを防
いでいることに誇りを持っている」。
 違法な戦争加担の正当化に私は反論。「イラク戦争自体が非人道的な戦争ではないのですか」。
すると、隣の席の人が「ここで彼に言うことじゃない」と声を挙げました。私は「彼は責任を
負うべきだ。それで儲けているのだから」と述べたのですが、司会者はそそくさと次の発言者
を指名してしまいました。コリン氏の答えは想定内でしたが、私はむしろ、会場の参加者にき
ちんと考えてほしかったのです。

 ちなみに、パックボットの増強版である同社の「ウォリアー」は、上部にUSBポートを搭
載したモバイル・プラットフォーム(土台)であり、センサーや銃、戦闘用カメラ等を接続可
能。『ロボット兵士の戦争』著者のシンガーは、アイロボット社の急成長について「確かにわ
くわくする話だが」と述べつつも、こう書いています。「アイロボットは(アイザック・アシ
モフの)『われはロボット』の警告を見過ごしているのかもしれない。」「(彼の『ロボット
三原則』の)第一の原則は最も基本的で、『ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、
危険を看過することによって人間に危害をもたらしてはならない』というものだ」。
 私たち日本の消費者が掃除ロボ「ルンバ」を買うことは、アイロボット社を儲けさせること
によって、軍事ロボットの増産に間接的に加担しているとも言えるでしょう。日本の研究者が
米軍にカネの力で囲い込まれつつある問題なども含めて、ロボット戦争と私たちのつながりを
注視していく必要がありそうです。

       杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)

【お薦め!】
◆10月17日(日) 午後9時~9時50分 NHK総合テレビ
「貧者の兵器とロボット兵器~自爆将軍ハッカーニの戦争」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/101017.html

【資料】
P・W・シンガー『ロボット兵士の戦争』( http://amzn.to/bKwerh 
書評(日経):高橋和夫氏(放送大学)
http://s.nikkei.com/bUJSbN 
[PR]

by nonukusandmd | 2010-10-12 20:26 | 活動記録

10月8日「民主党政権下の軍事計画を読む」討論会

尖閣・釣魚島問題が軍備増強の追い風となるなど相変わらず困難な状況ですが、
しっかりやっていきたいと思います。充実した資料を用意してお待ちしています。
ぜひご参加ください。[転送・転載歓迎]

 …………………………………………………………………………………………

   ☆ 国際宇宙平和週間[2010年10月2~9日]企画 ☆
          ↓
呼びかけ:宇宙への兵器と原子力の配備に反対するグローバルネットワーク
http://www.space4peace.org

<世界各地で「ミサイル防衛(MD)」や宇宙軍拡、オバマ政権による無人
機戦争など軍備増強に反対する様々なアクションが取り組まれます。>
        ↓
世界各地のアクションの詳細(日本語)
http://www.anatakara.com/petition/global-event-for-space-for-peace-2010.html
今年の宇宙平和週間のポスターには横須賀・浜松でのMD反対行動の写真が使われています!

[国際宇宙平和週間 討論会]

 民主党政権下の軍事計画を読む
  ~「新安保懇」報告書と概算要求を手がかりに~

 第二次菅政権下で外交・安保政策はどこへ向かうのでしょうか。沖縄差別の辺野古
新基地建設「日米合意」をはじめ、日米共同開発中の新SM3の欧州輸出検討、日本
・NATO機密保全協定の締結、米韓演習への海自オブザーバー参加、陸自の一部海
兵隊化の検討、12月「離島奪還」演習計画(「尖閣奪還作戦」!)など、防衛官僚
主導の動きが着々と進んでいます。

 年末の「防衛計画の大綱」改定に向けて提出された「新安保防衛懇」報告書は、武
器輸出三原則や集団的自衛権不行使などの平和原則を葬ることを提言。防衛省が提出
した2011年度概算要求は、「最も削りにくい」(防衛省幹部)として「思いやり予
算」「ミサイル防衛」経費などを政策コンテスト対象の「特別枠」に計上しつつ、中
国等への「脅威対抗型」の兵器拡充(那覇基地の空自部隊の一部PAC3化、「離島
防衛」強化等)などを図ろうとしています。

 米国の動向を見ながら、「新安保懇」報告書と概算要求を素材に、民主党政権下の
軍事計画を解読します。一人で読むのは疲れる文書も、集まればより明確に見えてく
るものです。「市民による軍事費仕分け」への第一歩でもある討論会にぜひご参加く
ださい。

※なお、この企画は「ピースウィーク2010」http://peaceweek.jp/p/ のアクションとしても行います。

【日時】10月8日(金) 午後6時30分~9時  

【会場】ピープルズ・プラン研究所 会議室
   (有楽町線「江戸川橋駅」1b出口徒歩5分、TEL 03-6424-5748)
   http://www.peoples-plan.org/jp/modules/tinyd1/index.php?id=5

【資料代】 500円

◆2011年度防衛省概算要求を読み解く
         …山本英夫(新しい反安保行動をつくる実行委員会)
◆「新安保懇」報告書の狙うもの
         …杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)
◆オバマ政権の軍事費「削減」動向をどう見るか
         …山口響(ピープルズ・プラン研究所)

【参考】

報告書「新たな時代における日本の安全保障と防衛力の将来構想」
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/shin-ampobouei2010/houkokusyo.pdf

我が国の防衛と予算 2011年度概算要求の概要
http://www.mod.go.jp/j/yosan/2011/yosan.pdf

<主催> 10・8討論会実行委員会

(呼びかけ団体)新しい反安保行動をつくる実行委員会
ピープルズ・プラン研究所
核とミサイル防衛にNO!キャンペーン

[連絡先] ピープルズ・プラン研究所 
(TEL)03-6424-5748  (FAX)03-6424-5749 
(E-mail)ppsg@jca.apc.org
[PR]

by nonukusandmd | 2010-10-06 23:23 | 講演会・集会案内
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31