【賛同募集】朝鮮半島情勢に関するGPPAC東北アジアの声明

【賛同募集】朝鮮半島情勢に関するGPPAC東北アジアの声明  [転送・転載歓迎]

川崎哲さん(ピースボート)からのメールをご紹介します。さる12月2日、「武力紛争予防のた
めのグローバル・パートナーシップ(GPPAC)東北アジア」が朝鮮半島情勢に関する声明を
発表しました。砲撃事件以後、ソウル、東京、北京、上海、台北、ウラジオストックのNGOが
緊密に協議を行い、電話(スカイプ)会議をもち、この声明をまとめたそうです。声明は、非武
装地帯の設置と拡大など重要な提起を含んでいると思います。

 http://www.peaceboat.org/info/news/2010/101221.html

◆この声明への賛同も募集しているとのことです。賛同は以下までどうぞ。

 → gppac@peaceboat.gr.jp   (Fax)03-3363-7562

===========================================================

朝鮮半島における平和を求めるGPPAC東北アジア声明

 以下に署名する私たち市民社会組織のメンバーは、2010年11月23日に延坪島住民の悲劇的
な死傷をもたらした北朝鮮と韓国の間の砲撃の応酬に衝撃を受けています。私たちは、犠牲者
の親族ならびにこれによって影響を受けたコミュニティーの皆さんに心より哀悼の意を表しま
す。私たちは、関係するそれぞれの国にどんな理由があったかにかかわらず、この悲劇をもた
らした攻撃を断固として非難します。

 私たちはまた、この事件後の展開にも深く憂慮しています。軍事活動が続き、政策決定者や
人々の間にさえ挑発的な言動が広まり、緊張が高まっています。このような反応の背景にある
感情は理解できるものですが、緊張が高まればそれはさらなる暴力や衝突をうむだけです。緊
張を和らげ、創造的で平和な解決方法を探すために協力しなければなりません。進むべき道は、
対話をおいてほかにありません。東北アジアの人々は、平和を求めて団結するべきです。

 私たちは、関係するすべての国の政府および人々に以下のことを誓約するように訴えます。

1. 今すぐ軍事活動を止めること。
 北朝鮮と韓国は、ただちに停戦を宣言しなければなりません。事件発生地域内および周辺で
の軍事演習は状況を悪化させるものであり、止めるべきです。すべての関係国は、地域の緊張
を高めるいかなる行為も慎まなければなりません。

2. 対話の開始へと努力すること。
 北朝鮮と韓国の政府は、できるだけ早く外交的対話を準備しなければなりません。その他の
国の政府は、この対話が成功するように努力するべきであり、6カ国協議の早期再開を含む地
域的な対話も追求するべきです。

3. 事件で何が起きたのか調査すること。
 砲撃事件発生地域は長年にわたって北朝鮮と韓国の間の係争地域であったという事実に注目
しなければなりません。それゆえにすべての関係者は挑発および軍事行動を完全に控えるべき
でした。事件で実際に何が起きたのかを明らかにするために、国際的調査が必要です。

4. 軍備競争に走らないこと。
 どの国も、この事件を理由に軍備増強や軍事予算の増加をするべきではありません。軍事力
の増強は紛争を予防するどころか、軍備競争を引き起こしてしまいます。軍備競争は、限られ
た資源を必要としている人々から奪うばかりでなく、さらなる衝突の危険を高めます。必要な
のは、地域的な協調的軍縮措置および安全保障協定を発展させることです。

5. 非武装地帯を設置し拡大すること。
 私たちは、2007年10月4日の南北首脳会談の共同宣言で合意されたとおり、この地域での
これ以上の紛争を予防することを目的に、北朝鮮および韓国の政府が西海/黄海に「平和協力
地帯」を設置することにとり組むよう求めます。また、この地域におけるその他の紛争地帯に
おいても、非武装地帯を設置し拡大するよう呼びかけます。このような非武装地帯では、演習
を含む軍事活動は禁止されるべきであり、対話および透明性の向上を図るためのプログラムな
どの信頼醸成措置を行うべきです。

6. 市民社会が重要な役割を果たすべきこと。
 市民社会のアクターであるNGO、学術機関ならびにメディアは、上記のようなプロセスを
円滑に進めるために重要な役割を果たすことができます。政府は、このようなアクターがその
正当な役割を果たせることを保障すると同時に、そうするように奨励するべきです。メディア
には、いかなる挑発もしてはならないという特別な責任があります。メディアはむしろ、バラ
ンスのとれた分析を広めるとともに、対話を促進するべきです。

 今回の悲劇的な事件は、東北アジア地域が未だに分断され冷戦の残滓に悩まされているとい
うことを改めて浮き彫りにしました。朝鮮戦争の休戦協定から半世紀以上が経った今日、朝鮮
半島における平和体制をつくり出す必要があり、同時に、東北アジア全体に平和メカニズムが
必要です。私たちは、2000年6月15日と2007年10月4日の南北共同宣言および2005年9月
19日の6カ国協議の共同声明を想起し、関係国政府にさらなる努力を求めつつ、これらの目標
の達成に向けて努力することを改めて誓約します。

2010年12月2日

当初署名人:

安藤博(ANDO Hiroshi)/非暴力平和隊・日本、東京
區伯權(AU Pak Kuen)/香港教職員連盟、香港
バディム・ガポネンコ(Vadim GAPONENKO)/国立海洋大学、ウラジオストック
黄浩明(HUANG Haoming)/中国NGO協力促進会、北京
徐斯倹(HSU Szu-chien)/台湾中央研究院政治学研究所、台北
メリ・ジョイス(Meri JOYCE)/GPPAC東北アジア地域連絡オフィサー、東京
チョン・ギョンラン(JUNG Gyung-Lan)/平和をつくる女性の会、ソウル
川崎哲(KAWASAKI Akira)/ピースボート、東京
アントン・コステュック(Anton KOSTYUK)/国立海洋大学、ウラジオストック
イ・ジェヨン(LEE Jae Young)/韓国アナバプティスト・センター、
東北アジア平和構築インスティテュート、ソウル
イ・テホ(Lee Taeho)/参与連帯、ソウル
松井ケティ(Kathy R. MATSUI)/ハーグ平和アピール平和教育地球キャンペーン、東京
笹本潤(SASAMOTO Jun)/日本国際法律家協会、東京
沈丁立(SHEN Dingli)/復旦大学、上海
イ・キホ(YI Kiho)/韓神大学、ソウル
吉岡達也(YOSHIOKA Tatsuya)/GPPAC東北アジア地域イニシエーター、ピースボート、東京
張家棟(ZHANG Jiadong)/復旦大学、上海

*この声明は、武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ(GPPAC)東北アジア
地域運営グループのメンバーおよび関係者により起草され、上記のメンバーがまず署名をしまし
た。その上で、一般からの賛同を呼びかけています。

*署名者の名前に付された団体名は、所属を表すのみです。

詳しくは下記へお問い合わせ下さい。

武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ(GPPAC)東北アジア
地域事務局
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1
ピースボート気付(担当:メリ・ジョイス)
Tel 03-3363-7561 Fax 03-3363-7562 gppac@peaceboat.gr.jp

……………………………………………………………………………………………………………

Dear Friends,
The Northeast Asian network of Global Partnership for the Prevention of
Armed Conflict (GPPAC) issued the statement regarding the situation of
the Korean Peninsula as below. It is now open for endorsement. (Please
read and write to the contact below.) Key civil society organizations
from Seoul, Tokyo, Beijing, Shanghai, Taipei and Vladivostok got united
in calling for a peace through dialogue against the growing tension
after the artillery exchange between North and South Korea last week. It
calls on the governments concerned to refrain from any military
activities and work to create and expand Demilitarized Zones.
Best
Akira Kawasaki
Peace Boat
GPPAC Northeast Asia Regional Secretariat

http://www.peaceboat.org/english/index.php?page=view&nr=18&type=23&menu=62

===========================================================

GPPAC Northeast Asia Statement for Peace on the Korean Peninsula

We, the undersigned members of civil society organizations, are shocked
at the artillery exchange between North and South Korea on November 23,
2010, that caused the tragic killing of and injuries to the people of
Yeonpyeng Island. We extend our deepest condolences to the families of
all those who lost their lives and to the communities affected. We
categorically condemn the attack that caused the tragedy, no matter what
background there might be for the respective governments.

We are also gravely concerned about the developments after the incident.
The tension caused through military activities and provocative behavior
among policy makers and even the public is growing. While we understand
the emotions behind these reactions, an escalation of tension would only
lead to further violence and confrontations. We must ease tensions, and
work together to find creative, peaceful solutions. Dialogue is the only
way to proceed. The people of Northeast Asia should be united in calling
for peace.

We hereby call on all the governments and people concerned to commit to
the following:

1. Stop military activities now.
A ceasefire must be declared by North
and South Korea immediately. Military exercises in and around the area
are counterproductive and should be stopped. All the parties must
refrain from any acts that increase tension in the region.

2. Work to start dialogue.
The governments of North and South Korea must
arrange diplomatic talks as soon as possible, and other governments
should work to make such talks a success. Regional dialogue should also
be pursued, including an early resumption of the Six-Party Talks.

3. Investigate the incident.
Attention should be paid to the fact that the area of this incident has
long been disputed between North and South Korea. All the parties should
therefore have fully refrained from provocation and military actions.
International investigation needs to be carried out to clarify exactly
what happened.

4. Do not start an arms race.
No government should use this event as an excuse for military build-up
or an increase of military expenditure. Build-up of military capability
would not prevent conflicts, but rather trigger an arms race. An arms
race would not only deprive the people in need of their limited
resources, but also risk additional confrontations. Regional cooperative
disarmament measures and security arrangements should instead be
developed.

5. Create and expand Demilitarized Zones.
We call on the governments of North and South Korea to work to establish
a Peace and Cooperation Zone in the West Sea/Yellow Sea as agreed in the
Joint Statement of the North-South Summit of October 4, 2007, with a
view to preventing conflicts in the area. We further call for the
creation and expansion of Demilitarized Zones (DMZs) in other disputed
areas in the region. In such zones, military activities, including
exercises, should be prohibited, and confidence-building measures such
as dialogue and transparency programs should be implemented.

6. Civil society has a critical role to play.
Civil society actors such as NGOs, academic institutions and the media
can play a critical role to facilitate the processes outlined above.
Governments should allow and encourage them to play their legitimate
roles. The media has a special responsibility to refrain from any
provocation. Rather, the media should promote a balanced analysis and
facilitate dialogue.

This tragic incident reminded us of the fact that our region is still
divided and suffering from the remnants of the Cold War. More than half
a century since the armistice was declared in the Korean War, a peace
regime needs to be realized on the Korean Peninsula, along with a peace
mechanism in Northeast Asia as a whole. Recalling the North-South
Declarations of June 15, 2000, and October 4, 2007, and the Joint
Statement of Six-Party Talks of September 19, 2005, we call on the
governments concerned to make further efforts, and reaffirm our
commitment to strive to achieve these goals.

December 2, 2010

Initial Signatories:

ANDO Hiroshi, Nonviolent Peaceforce, Tokyo
HUANG Haoming, China Association for NGO Cooperation, Beijing
HSU Szu-chien, Institute of Political Science, Academia Sinica, Taipei
Meri JOYCE, GPPAC Northeast Asia Regional Liaison Officer, Tokyo
JUNG Gyung-Lan, Women Making Peace, Seoul
KAWASAKI Akira, Peace Boat, Tokyo
Anton KOSTYUK, Maritime State University, Vladivostok
LEE Jae Young, Korea Anabaptist Center / Northeast Asia Regional Peacebuilding Institute, Seoul
LEE Taeho, People's Solidarity for Participatory Democracy (PSPD), Seoul
Kathy R. MATSUI, Hague Appeal for Peace Global Campaign for Peace Education, Tokyo
SASAMOTO Jun, Japan International Lawyers Solidarity Association (JALISA), Tokyo
SHEN Dingli, Fudan University, Shanghai
YI Kiho, Hanshin University, Seoul
YOSHIOKA Tatsuya, GPPAC Northeast Asia Regional Initiator / Peace Boat, Tokyo

*This statement was drafted and initially signed by the members and affiliates
of Global Partnership for the Prevention of Armed Conflict (GPPAC) Northeast
Asia Regional Steering Group, and made open for endorsements.

*Affiliations are for identification purposes only.

Endorsers:
(To be added)

Contact:
GPPAC Northeast Asia Regional Secretariat
c/o Peace Boat
3-13-1 B1 Takadanobaba, Shinjuku, Tokyo 169-0075
Phone +81-3-3363-8047
Fax +81-3-3363-7562
KAWASAKI Akira kawasaki@peaceboat.gr.jp
Meri JOYCE meri@peaceboat.gr.jp
[PR]

by nonukusandmd | 2010-12-24 23:47 | アクションの呼びかけ
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31