海自「きりしま」のSM3実験に抗議します

【血税浪費のミサイル実験に抗議し、武器輸出解禁に反対します!】 [転送・転載歓迎]

海上自衛隊のイージス艦「きりしま」(横須賀基地所属)が10月28日(日本時間29日)、
ハワイ・カウアイ島沖で「ミサイル防衛」用迎撃ミサイルSM3の迎撃実験を行い、「成
功した」と報じられました。経費は約67億円とされています。07年から始まった実験は4
隻目となり、いったん一区切りとなります。今までに250億円を上回る巨額の血税が投じ
られました。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010102900695(時事)

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101030k0000m010046000c.html(毎日)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101029-OYT1T00552.htm(読売)

ハワイの先住民への抑圧と環境破壊をもたらす点など、実験の問題点は以前のものと何ら
変わっていません。以下をご参照ください。
              ↓
 http://www.geocities.jp/nomd_campaign/report-NO-to-SM3.html

これらに加えて強調したいのは、「実験成功」が“大本営発表”に他ならないことがます
ます明らかになっている点です。

『世界』(9月号)に訳文が全文掲載された、ジョージ・N・ルイス、シオドール・A・
ポストルによる論文「欠陥だらけで危険な米国ミサイル防衛計画」は、今までのSM3の
迎撃実験が、必要とされる弾頭の直撃にほとんど失敗していることを暴露しています。

 関連情報 → http://nomd.exblog.jp/13882207/

民主党は、「MDの総合的見直し」(衆院選政策集)という公約を実行しないまま、血税
浪費の政策を踏襲し続けています。MDという無駄遣いの本丸こそ「事業仕分け」で廃止
すべきです。ところが、日米共同開発中の能力向上型SM3(ブロック2A)の欧州輸出
などを名目に、武器輸出禁止三原則の大幅緩和さえ強行されようとしています。

 防衛大綱:民主調査会が提言骨子案 武器輸出「新原則を」「南西諸島」盛る
 (10月29日、毎日)
 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101029ddm005010024000c.html

メンバー構成さえ秘匿した(民主党事務局に問い合わせても「メンバーはお知らせできま
せん」)党内組織の秘密協議によって、憲法9条に基づく「国是」とも言われる大原則を
破壊することは許されません。「武器輸出国」への動きを止めるために、具体的行動を起
こしていきましょう。

【抗議・要請先】

<防衛省>

北澤俊美 大臣    (FAX)03-6551-0312   (TEL)03-6550-0312

安住淳 副大臣    (FAX)03-3508-3503    (TEL)03-3508-7293

広田一 政務官    (FAX)03-6551-0507    (TEL)03-6550-0507

松本大輔 政務官   (FAX)03-3508-3355     (TEL)03-3508-7475

<民主党外交・安全保障調査会>

中川正春 会長    (FAX)03-3508-3428    (TEL)03-3508-7128

長島昭久 事務局長    (FAX)03-3508-3309   (TEL)03-3508-7309

吉良州司 事務局次長   (FAX)03-3508-3364    (TEL)03-3508-7484
[PR]

by nonukusandmd | 2010-10-30 23:28 | アクションの呼びかけ
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31