【番組・資料紹介】9月5日「貧者の兵器とロボット兵器」(NHK・BShi)

お薦め番組のご紹介です。視聴・録画可能な方はぜひチェックしてください。
後ろに参考資料も付けてみましたのでご覧ください。[転送・転載歓迎]

……………………………………………………………………………………

<NHK BSハイビジョン>
◆ハイビジョン特集 「貧者の兵器とロボット兵器」

2010年9月5日(日) 午後10:45~午前0:14
http://www.nhk.or.jp/bs/hvsp/

9・11同時多発テロから9年、米軍とタリバンの泥沼の戦闘が続くアフガニス
タン。ここに歴史上初めての全く新しい戦争の姿が出現している。ハイテク
無人機など“ロボット兵器”を駆使する大国正規軍と、カラシニコフ銃や手
製爆弾など旧式の“貧者の兵器”に頼る武装集団が、互いの姿の見えない戦
場で対峙する究極の“非対称戦争”だ。知られざるその実像をとらえた膨大
な映像記録をNHKは入手した。そこにたびたび登場するのがタリバン最強
硬派の「ハッカーニネットワーク」だ。自爆軍団として米軍に恐れられ、無
人機攻撃の最大の標的にもなっている。だが、ソビエトがアフガンに侵攻し
た80年代、首領のハッカーニは反ソ勢力として最も頼りになる米国の友人だ
った。武器の供給から爆弾の製法まで、米国の支援で力を蓄え、皮肉にもそ
れが今、米軍を苦しめている。今、米国はハッカーニらのゲリラ戦から自国
兵士を守るため、ロボット兵器を次々と開発し、米本土から遠隔操作で攻撃
を行う。だが誤爆も相次ぎ、犠牲者周辺からタリバン予備軍を生み出す憎し
みの連鎖も呼んでいる。“貧者の兵器”対“ロボット兵器”。その実態を描
き、21世紀の新たな戦争の姿とその脅威に迫る。(NHKホームページより)

……………………………………………………………………………………

【無人(ロボット)兵器に関する参考資料】

とりわけ、P・W・シンガーの新著『ロボット兵士の戦争』の一読をお薦め
します。『戦争請負会社』『子ども兵の戦争』(ともにNHK出版)に続く、
現代戦争の最前線を描き出した必読書です。

◆「ロボット革命と21世紀の戦争」
<デモクラシー・ナウ・ジャパン(2009.02.06-2/動画)>
http://democracynow.jp/submov/20090206-2
ゲスト:P・W・シンガー
「いま議論しなければ原爆のあやまちを繰り返します」

◆『ロボット兵士の戦争』
(P・W・シンガー著、小林由香利 訳、NHK出版)
「クリックひとつで戦闘準備完了。ハイテクは、戦争のスタイルを根本から
変えた。今後、技術開発はどこへ向かい、人類にどんな影響をもたらすのか。
軍、産業、政治、それぞれの思惑が複雑にからみ合う現状と、新しい戦争が
つくり出す難問の数々を、安全保障問題の専門家が初めて明らかにする。」
(帯から)
http://www.asagaku.com/science_pot/osusume/sonota.htm
(朝日中学生ウィークリー 2010年8月15日号/書評:瀬名秀明)

◆「ロボットが変える戦争」(P・W・シンガー)
<『日経サイエンス』10月号(発売中)>
http://www.nikkeiscience.com/2010/08/post-934f.html
「一日のうちで最も危険なのは戦場で戦っている時ではなく、帰宅のため車
を運転している時だ」
※『ロボット兵士の戦争』の入門編兼ダイジェスト版としても読めます。

◆戦争の「無人化」と「民営化」
<水島朝穂「平和憲法のメッセージ」2010年5月17日>
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2010/0517.html

◆「遠隔操作される死の飛行機」
<ル・モンド・ディプロマティーク 日本語・電子版(2009年12月号)>
http://www.diplo.jp/articles09/0912-2.html

◆米国無人機の空爆は戦争犯罪か:議会公聴会の議論
<「Wired Vision」 2010年5月10日>
http://wiredvision.jp/news/201005/2010051021.html

◆オレゴンで無人機をめぐる討論/ドローンによる攻撃へ抗議を(anatakara)
http://www.anatakara.com/petition/gagnon-blog-2009-12-drone-debate-continues.html

◆日米、無人偵察機の「目」研究へ 攻撃転用で論議も
(2010年2月21日、共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022101000346.html

※「画像ジャイロの日米共同研究の中止を」の声を届けてください。
 → 前原誠司外相
(FAX)03-3592-6696   (TEL)03-3508-7171
 (E-mail)http://www.maehara21.com/form/index.php
[PR]

by nonukusandmd | 2010-09-02 00:15 | 参考文献・映像
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31