『世界』9月号にMD批判論文が翻訳掲載!

★MD配備の正当性に重大疑問!=『世界』9月号にポストルらの論文掲載
                       [転送・転載歓迎]

ウェブサイト<核情報> http://www.kakujoho.net/ を主宰されている
田窪雅文さんが、『アームズ・コントロール・トゥデー』5月号に掲載され
たジョージ・N・ルイス、シオドール・A・ポストルの論文を翻訳されまし
た。論文は今までの迎撃実験が、必要とされる弾頭の直撃にほとんど失敗し
ていることを暴露しています。

現在発売中の雑誌『世界』(2010年9月号)に訳文が全文掲載されています
ので、ぜひ書店や図書館などでご覧ください。
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2010/09/directory.html

◆「欠陥だらけで危険な米国ミサイル防衛計画」
 ジョージ・N・ルイス/シオドール・A・ポストル

オバマ政権が進める新たなミサイル防衛(MD)計画の根幹に鋭い疑問を
投げかけるこの論文は、5月7日の『ニューヨーク・タイムズ』でも大きく
取り上げられ、米下院安全保障小委員会のティアニー委員長も「議会で検
討すべき重要な問題だ」と述べているそうです。

田窪雅文さんは「訳者解説」で、「2011年までのミサイル防衛導入経費が
約1兆円、第三国への輸出の話もある[注:菅政権は既に第三国輸出を認
める方向で調整を開始]SM3の能力向上型の日米共同開発の負担分が約
1000億円という日本も、この問題を国会で検討すべきだろう」と指摘され
ています。

民主党は衆院選に向けた政策集において、MDの総合的見直しを図ること
を明記していましたが、検証がなされた形跡はありません。国会議員や政
党はこの論文の主張を真摯に受け止め、国会等で日本のMD政策の徹底検
証を行うべきです。

▽以下は『世界』のホームページから
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2010/09/258.html

 湾岸戦争で当たっていたはずのパトリオット迎撃ミサイルが、実は近く
で自爆していただけで、イラクのミサイルはそのまま落下していたことを
暴露したことで知られる物理学者コンビによる本稿は、『ニューヨーク・
タイムズ』紙でも大きく紹介され、話題を呼んでいる。2人は、ミサイル
防衛庁が破壊装置からの映像データを発表している10回の「SM3迎撃実
験成功例」を分析、破壊装置の弾頭直撃は1回か2回にすぎないと結論づけ
た。そして、実戦でのシステムの信頼性に重大な疑問を投げかけ、ミサイ
ル防衛は欠陥だらけであるだけでなく外交政策上とんでもない事態をもた
らしうる危険な計画であると力説する。

George N. Lewis 実験物理学博士。コーネル大学平和学プログラム
副ディレクター。

Theodore A. Postol マサチューセッツ工科大学 (MIT) 科学・技術・
国家安全保障政策教授。元「米海軍作戦部長 (CNO)」科学アドバイザー。

George N. Lewis and Theodore A. Postol, "A Flawed and Dangerous
U.S. Missile Defence Plan," Arms Control Today (May 2010).

【参照サイト】
イージス艦ミサイル発射テストプログラムの欠陥
(「グローバルネットワーク」ニュースレター「Space Alert」2010年夏号より)
http://www.anatakara.com/petition/flaws-in-aegis-missile-testing-program.html
[PR]

by nonukusandmd | 2010-08-24 22:35 | 参考文献・映像
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30