6・6イスラエル大使館抗議行動の報告

6月6日(日)午後に東京・イスラエル大使館前で行われたガザ支援船襲撃
・虐殺抗議行動に参加しましたのでご報告します。

緊急の呼びかけでしたが、日差しが照りつける中、約80人が参加しました。
在日アラブ人を含む参加者の発言に加え、日本語、アラビア語、ヘブライ
語による抗議のシュプレヒコール(後に貼り付け)、「シャローム」(パ
レスチナ&イスラエル民謡)の替え歌もありました。「衝突」や「暴力の
連鎖」といった全く筋違いの表現による外務報道官声明(兒玉和夫報道官)
を出したり、国連人権理事会の国際調査団派遣を求める決議に棄権するな
ど、イスラエルの暴力に毅然とした姿勢をとらない日本政府への批判も多
く出されました。

驚くべきことにイスラエル大使館には、以前はあった郵便ポストが撤去さ
れていました。要請書の投函さえ拒否する傲慢な姿勢は、イスラエルの
「暴力を求めて孤立を辞さない」あり方を象徴しています。要請書(下に
貼り付け)は仕方なく郵送で大使館あてに送られました。取材要請が遅れ
たとはいえ、マスメディアの取材がなかったのは残念でした。拙い報告で
すが、多くの方に伝えていただけるとありがたいです。外相・外務省はじ
め日本政府への働きかけも重要です。今後も個人で、地域で、グループで
できることを取り組んでいきましょう。 【転送・転載歓迎】

[参照」

◆大木晴子のページ「明日も晴れ」(2010年6月7日)
<6・6イスラエル大使館行動…80人で声をあげてきました!>
http://seiko-jiro.net/modules/newbb/viewtopic.php?viewmode=flat&topic_id=1485&forum=1
↑行動を伝える多くのカラフルな写真が掲載されています。

◆虹とモンスーン(2010年6月7日)
[報告]ガザ支援船へのイスラエル軍の襲撃・虐殺糾弾 封鎖・占領を
    やめろ!6・6イスラエル大使館抗議行動
http://solidarity.blog.shinobi.jp/Date/20100607/1/
↑アラビア語のシュプレヒコールや、ジョニーHさんによる「シャローム」
の替え歌「レイチェル・コリー号のために」の様子を伝える動画もあり。

◆無惨極まる、日本政府・外務報道官の談話(パレスチナ情報センター)
http://palestine-heiwa.org/news/201006020206.htm

……………………………………[要請書]……………………………………

駐日イスラエル大使  ニシム・ベンシトリット 殿
ガザ支援船団襲撃と乗船者の殺害に抗議し、ガザ封鎖解除を求める要請書

 本日私たちは、5月31日のガザ沖公海上で行なわれた、イスラエル軍に
よるガザ支援船団「ガザ自由船団」への襲撃と乗船者の殺害に抗議の意を
表明するためにここに集まりました。
 まずもって私たちは、3年にわたるイスラエルのガザ完全封鎖によって、
ガザ住民がかつてない困窮状態と絶望のなかでの暮らしを強いられている
ことを訴えたいと思います。
 環境状態の悪化、食料の不足や不衛生な水のため、ガザ住民、とりわけ
子どもたちの健康は危機的な状態にあります。医療器具や医薬品が不足す
る一方、国外での治療の道は限りなく制限され、今年5月末の時点で、封
鎖によって治療の道を断たれたために亡くなった人びとは372人に上って
いると伝えられています。物資搬入のためのやむを得ない手段として掘ら
れた地下トンネルの中でも、事故、さらにはイスラエルおよびエジプトの
攻撃によって、これまでに52人が死亡しています。イスラエル軍がガザを
滅茶苦茶に破壊しながら1400名以上を殺害した一昨年の攻撃の被害は、回
復はおろか、物資搬入の甚だしい制限の結果、そのまま延々と長引かされ
ているのです。
 こうした悲惨極まりない状況を生みだしているのは、他でもなくあなた
方の国イスラエルです。1967年以来パレスチナの占領を続け、87年のイン
ティファーダ以降断続的にガザを封鎖した挙句、ハマースの統治開始を口
実に完全封鎖という暴挙に至りました。イスラエルがハマース政府をどの
ように定義しようと、150万人もの住民全体を集団拷問にかけ続けるよう
なやり方が許されるはずがありません。
 ガザに対して救援物資を送り届ける今回の「ガザ自由船団」の取り組み
は、イスラエルの政策によって日々悪化するガザの状況に対し、少しでも
物質的な支援を行ない、同時に国際社会からの連帯を示して住民を励まそ
うとする試みでした。公海上でヘリコプターから武装兵が降下して急襲し、
少なくとも9名を殺害、数十名を負傷させたことに対し、イスラエル政府
は「鉄の棒や刃物をもって待ち受けていた活動家に対する正当防衛」とい
う、冗談のような説明を行なっています。
 至近距離から頭部を狙ったとされる発砲や、イスラエルのアラブ人指導
者であるラーイド師を殺害したとの誤報を国内向けに早々と流したことは、
当初からの暗殺計画の存在さえ疑わせます。いずれにせよイスラエルの暴
力的な政策が、国際法や国際社会からの非難といったものをまったく顧み
ない、見境のない段階に入っていることは明らかです。ミギロ国連副事務
総長が述べたとおり、無益で容認し難いガザ封鎖への解除要請にイスラエ
ルが応じていれば、ガザ支援船団の活動自体、そもそも必要のなかったこ
とのはずです。
 私たちは、イスラエルがこのようになりふり構わぬ政策を続け、国際社
会からいっそう孤立することで、たがを外し、さらに見境のない暴力を行
使してゆくことになるのを心から懸念します。イスラエルがこのような政
策を取り続ける限り抵抗は止むことはなく、終わりはありません。それは
すでにあなた方にも分かっていることのはずです。
 まずは即刻・無条件にガザ封鎖を解いて下さい。東エルサレムでの入植
地の建設を凍結し、パレスチナ人の土地収用と家屋破壊、国外追放を止め
て下さい。そしてヨルダン川西岸地区全域にわたる分離壁を撤去して下さ
い。占領続行をあきらめ、中東地域の隣人と共存する道を、本気で模索し
て下さい。
 私たちの声を本国イスラエル政府に伝えて下さるよう、ここに要請致し
ます。

2010年6月6日

ガザ支援船団襲撃と乗船者の殺害に抗議し、ガザ封鎖解除を求める
6・6行動参加者一同

………………………………………………………………………………………

◆アラビア語のコール

カッフィー カッフィー イフティーラール(占領やめろ) 

カッフィー カッフィー ヒサール ガッザ(ガザ包囲やめろ)

カッフィー カッフィー ジダール ルフォスル(分離壁はもういらない)

カッフィー カッフィー マジュザラ(虐殺はもううんざり)

カッフィー カッフィー イスティーターン(入植はもうダメ)

カッフィー カッフィー ウンスーリーヤ(人種差別はもうたくさん)

◆ヘブライ語のコール

ダイレ キブーシュ(占領やめろ)

ダイレ マツォール(封鎖やめろ)

ダイレ ホマー(壁はいらない)

ダイレ ハバラー(破壊はもううんざり)

ダイレ デヴァハ(虐殺はもうたくさんだ!)

ダイレ イシューヴ(入植地No!)

ダイレ ギズアノート(人種差別No!)
[PR]

by nonukusandmd | 2010-06-07 19:32 | イスラエル・パレスチナ関連
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31