市民による「事業仕分け」― 2010年度防衛予算を斬る!

なんとも変わり映えのしないというか、かなりひどい軍事予算案です。
黙って見ているわけにはいきません。「血税をガラクタ兵器に使うな!」
「侵略軍を手助けするな!」「税金の使い道は私たち自身が決める!」
―― そんな思いを込めての企画です。ぜひご参加ください。お知り合
いにも広めていただけるとありがたいです。

  …………………… 転送・転載歓迎 ……………………

【緊急企画】

◆ 市民による「事業仕分け」―― 2010年度防衛予算を斬る!

◇2010年2月5日(金) 午後7時~9時

◇東京・富士見区民館 洋室C
[JR、有楽町線、南北線、東西線、大江戸線「飯田橋駅」徒歩5分]
(TEL:03-3263-3841、「国連・憲法問題研究会」名で借りています)
http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/service/00065/d0006580.html

◇案件と仕分け人

・PAC3用改修費(639億円)等「ミサイル防衛」経費(1,225億円)
  …杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)

・大型ヘリ空母(ヘリ搭載護衛艦)建造費(1,208億円)
  …木元茂夫(すべての基地に「No!」を・ファイト神奈川)

・海兵隊グアム移転費(472億円)を含む「米軍再編」経費(1,077億円)
  …山口響(ピープルズ・プラン研究所)

◇参加費(資料代) 500円

 ※なお、スリッパ持参の必要はありません。

 大きな反響を呼んだ行政刷新会議の「事業仕分け」。密室下の予算策定
の公開は画期的でしたが、「仕分け人」の役割を担ったのは、少数の国会
議員と選定基準が不明な民間人でした。軍事費も取り上げられたものの、
装備品(兵器)については「政治判断に委ねる」と判断を回避しました。
 編成方針の閣議決定を経て決まった予算案は、迎撃ミサイルPAC3対
応型への改修費や大型ヘリ空母建造費の予算計上を認めるなど、更なる軍
備増強に踏み出すものとなり、米軍再編経費の増額も目立ちます。結局、
予算案の最終決定プロセスは不透明なままです。
 本来、税金の使い道の決定権は、私たち主権者の手にあるはずです。今
こそ軍縮に舵を切るために、私たちは今回の試みを予算審議に反映させ、
無駄な予算を削除させたいと思います。発言と傍聴を歓迎します。ぜひご
参加ください。

■事前に防衛省の政務三役(大臣、副大臣、政務官)や財務省の市川健太
主計官、与党三党の責任者などに、招請状と質問状(予算決定過程など)
を送付します。加えて、企画後、仕分け結果(評価シート)を関係者、報
道機関に提出します。

【主催】「防衛予算仕分け」市民集会実行委員会
[呼びかけ団体]核とミサイル防衛にNO!キャンペーン
        ピープルズ・プラン研究所
        新しい反安保行動をつくる実行委員会

[連絡先]ピープルズ・プラン研究所
(TEL)03-6424-5748 (FAX)03-6424-5749
(E-mail)ppsg@jca.apc.org 〒112-0014 東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F

<参考>

◆『週刊金曜日』金曜アンテナ(2010年1月15日号)【必読!】
2010年度予算 民主党が患う“官僚依存”
防衛費で軍備増強のカラクリ(半田滋・東京新聞編集委員)
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=949

◇2010年度防衛関係予算のポイント(財務省HP:市川主計官)
http://www.mof.go.jp/seifuan22/yosan014.pdf

◇2010年度防衛関係費(防衛省HP)
http://www.mod.go.jp/j/library/archives/yosan/2010/kankei.pdf

◇平成22年度の防衛力整備等について(09・12・17 安全保障会議・閣議決定)
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/rireki/2009/12/17am_siryou2.pdf

◇「事業仕分け」配布資料:装備品の調達(2010年度新規後年度負担)など
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov26-pm-shiryo/3-59.pdf
[PR]

by nonukusandmd | 2010-01-23 19:18 | アクションの呼びかけ
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30