軍備増強予算の成立に抗議し、執行停止を求めます

3月24日(水)の参院本会議で2010年度予算が成立しました。軍事費は、
兵器導入の根拠となる「防衛計画の大綱」改定が1年先送りされたにも関
わらず、「指針なき軍備増強」(半田滋さん)がまかり通りました。

「我が国の防衛と予算~2010年度予算の概要」(防衛省ホームページより)
http://www.mod.go.jp/j/yosan/2010/yosan.pdf

2月5日に「市民による軍事費仕分け」を行うなど、政府与党に予算削除を
要求してきた者の一人として、強く抗議すると同時に、私たちが「不要」
と判断した予算の執行停止を求めます。

「市民仕分け」終了後に、政府与党の予算編成関係者(北澤俊美、榛葉賀
津也、長島昭久、楠田大蔵、鳩山由紀夫、岡田克也、菅直人、藤井裕久、
仙石由人、枝野幸男、蓮舫、田嶋要、福島瑞穂、阿部知子、亀井静香)に
提出した「評価シート」(集会参加者に記入してもらったものも併せて提
出)等を貼り付けましたのでご参照下さい。

◇なお、この間の経過と課題について『ふぇみん』(3月15日/2918号)に
杉原が「市民が軍事予算を事業仕分け」という文章を書かせていただきました。
Q&A形式で読みやすいものですので、よろしければご参照下さい。

3月15日号目次 http://www.jca.apc.org/femin/digest/20100315.html

………………………………………………………………………………………

◆「指針なき軍備増強」予算に抗議し、
  以下の予算削除ないしは執行停止を求めます。

【評価シート】

<市民による事業仕分け――2010年度防衛予算を斬る!>

         (2010年2月5日、東京・富士見区民館)

【案件1】
PAC3用改修費(639億円)等「ミサイル防衛」経費:1,225億円=不要

【理由】(仕分け人:杉原浩司)

(1)新政権は「防衛大綱」改定と「中期防」策定を2010年末まで1年先送
り。予算編成の暫定方針でも「現大綱に基づく」と明記。PAC2のソフ
トウェア更新名目でPAC3への対応をも可能とする改修は、事実上のP
AC3先取り配備であり、現大綱を逸脱する。

(2)社民党はMD反対、民主党も政策集に「抑止的・政治的効果や、日
米同盟強化、技術的可能性、費用対効果など総合的検討を加える」と明記。
麻生政権の09年4月のMD初発動はじめ、MD導入プロセスの検証が先決。

(3)オバマ政権の欧州MD計画見直しで、日米共同開発中の能力向上型
SM3ミサイルが、今後の欧州MDの柱に。ミサイルの欧州輸出により、
武器輸出禁止三原則が骨抜きになる恐れ。米国向けミサイルの迎撃も可能
とされ、違憲の集団的自衛権行使の懸念も。

【案件2】
大型ヘリ空母(ヘリ搭載護衛艦)建造費:1,208億円=不要

【理由】(仕分け人:木元茂夫)

(1)大型ヘリ空母は護衛艦「しらね」の後継とされるが、基準排水量で
4倍、建造費も3倍に達しており、能力面からも後継ではなく、大幅な能力
強化。「現大綱に基づき」「装備品の更新」を掲げる暫定方針を逸脱する。

(2)「災害派遣」を建造目的として強調するなら、災害救援を目的とし
た専用船を建造する方が、コスト面でも、周辺国による「軍備増強」懸念
を払拭できる点でも有益。

(3)96年の大型揚陸艦「おおすみ」の建造が、日本の艦艇大型化の先駆
けとなり、中国や韓国等の懸念を呼び起こした。東アジアの建艦競争に終
止符を打つために、更なる大型艦の建造計画は凍結し、軍縮の呼びかけを。

【案件3】
海兵隊グアム移転費(472億円)を含む「米軍再編」経費:1,489億円=不要

【理由】(仕分け人:山口響)

(1)米国でのグアムの環境アセスメントも、それを受けたマスタープラ
ン作成も終わっていないにも関わらず、海兵隊グアム移転経費を日本が支
出するのは明らかにおかしい。

(2)米軍再編計画は全体が一つの「パッケージ」とされていた。辺野古
への移設方針が頓挫しつつある現段階では、本来、グアムへの移転計画を
進めることはできないはず(一方で米国自体が、座間への第一軍団移転を
大幅縮小し「パッケージ」を守っていない)。

(3)岩国への空母艦載機移駐は、06年住民投票での圧倒的多数の反対に
より不要である。

(4)新政権が「米軍再編と在日米軍基地のあり方の見直し」を掲げてい
たにも関わらず、米軍再編経費を増額したのは、明らかに公約違反。

【主催】「防衛予算仕分け」市民集会実行委員会

[呼びかけ団体]核とミサイル防衛にNO!キャンペーン
        ピープルズ・プラン研究所
        新しい反安保行動をつくる実行委員会

[連絡先]ピープルズ・プラン研究所
    東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F 
     (TEL)03-6424-5748 (FAX)03-6424-5749
     (E-mail)ppsg@jca.apc.org

【予算編成のあり方、「防衛計画の大綱」改定に関する提言】

(1)今後の「事業仕分け」において「装備品の調達」を「政治判断に委
ねる」ことなく、案件としてきちんと扱うこと。民間からの仕分け人に軍
縮NGO等の人間を入れること。

(2)年末の予算案編成の最終過程を、旧来通りの密室下に置くのではな
く、開かれた透明なものとすること。

(3)予算審議は形骸化している。予算審議において、一部予算の削除、
修正、組み替えを柔軟に行えるよう、審議のあり方を改善すること。

(4)「防衛計画の大綱」改定作業において、「有識者懇談会」を構成す
る「有識者」の選定基準や選定理由を明示すること。懇談会に立場の異な
る多様な「有識者」を入れるとともに、その議論を全面公開すること。

(5)大綱改定において、地方・中央・東北アジアにおける公聴会、参考
人質疑、タウンミーティング、パブリックコメント等を組み込み、市民に
開かれたプロセスとすること。
[PR]

by nonukusandmd | 2010-03-25 00:07 | アクションの呼びかけ
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31