「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

横須賀で集団的自衛権行使シナリオ含む日米MD演習が強行!

【横須賀で集団的自衛権行使シナリオを含む日米MD演習が強行へ】   [転送・転載歓迎]

海上自衛隊は2月22日、横須賀で2月28日から3月3日までBMD(弾道ミサイル防衛)特別訓練
を実施すると発表しました。こうした形の訓練は初めてです。

 BMD特別訓練について(2月22日、海上幕僚監部)
 http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201102/022202.pdf

参加艦船は海自側が「ちょうかい」、米側は明示されていないものの、シャイロー、ジョン・S・
マケインが参加すると報じられています。ちなみに、ちょうかいは08年11月のハワイ沖での迎撃
実験で失敗した艦です。

このMD訓練に対して2月27日、地元のヨコスカ平和船団が海上抗議行動を行いました(事前の
お知らせができずすみません)。

 「ヨコスカ平和船団」ホームページ
  http://homepage1.nifty.com/heiwasendan/

以下のリムピースの解説をぜひご参照ください。海自の発表には、訓練目的は「弾道ミサイル対
処に関する戦術技量の向上及び日米の部隊間における連携要領を演練する」と書かれており、訓
練時期は2月28日から3月10日まで実施される米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ/フォールイ
ーグル」と一致しています。リムピースは「北朝鮮のミサイル発射に対する共同防衛を目指す訓
練である疑いはきわめて強い。憲法違反の集団的自衛権行使をシナリオに含む訓練が行われよう
としている」と警鐘を鳴らしています。

 米韓演習にあわせ、横須賀で日米MD訓練(リムピース、2月25日)
 http://www.rimpeace.or.jp/jrp/umi/yokosuka/110222mdexercise.html

私たちは、憲法違反の疑いが濃いこの訓練の中止を要求するとともに、予定されている具体的な
訓練内容の公開を求めます。民主党政権下でますます既成事実化するMD導入・訓練を監視し、
その縮小と撤退を求めていくことが重要になっています。
[PR]

# by nonukusandmd | 2011-02-27 23:31 | ミサイル防衛・軍需産業の動き

2・26 リビアでの虐殺反対!渋谷デモ

当日のお知らせとなり恐縮です。2月26日(土)午後、在日のリビア人、リビア人2世の方が
中心となって、東京で「虐殺反対、反政府」を掲げたデモ行進(代々木公園出発)が行われ
ます。可能な方はぜひご参加ください。また、引き続き大使館や日本政府への要請もお願い
します。

………………………………………………………………………

日付:2月26日(土) 16:00 出発
集合場所:東京・代々木公園のケヤキ並木[野外ステージのそば]
   (JR原宿駅、千代田線明治神宮駅より徒歩10分)
地図:http://bit.ly/eTea3P   http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map039.html
主催者:アーデル・スレイマン[Adel Suliman]さん(在日リビア人学生)他
    <ツイッターアカウント @libyanintokyo >  
[PR]

# by nonukusandmd | 2011-02-26 00:50 | アクションの呼びかけ

【案内】2・26「あたご」事件の公正な判決を求める集会

直前になりましたが、集会の案内を転送します。事件を起こしたイージス艦「あたご」には、
昨年末に決定された中期防衛力整備計画で「ミサイル防衛」対応能力が付与(SM3ミサイル
搭載)されることになりました(他一隻にも)。何ら議論なき血税の浪費です。

いろいろと重なっている日程ですが、ご関心のある方はぜひご参加ください。

[転送・転載歓迎]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.26 イージス艦「あたご」事件の公正な判決を求める2.26横浜集会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主催 平和に生きる権利の確立をめざす懇談会

日時 2月26日(土)午後1時半~4時半
会場 ヨコハマジャスト1号館8階会議室(横浜駅東口)
    http://www.kiyoken.com/rental/just1/j_access.html
参加費 800円

報告 田川俊一(弁護士・海事補佐人)、
   大内要三(編集者・平和運動者)ほか

 海上自衛隊の最新鋭艦「あたご」が千葉県野島崎沖で漁船「清徳丸」に衝突して沈没させ、
2人の犠牲者を出した事件から2年が過ぎました。この間、海難審判所は事故の主因を「あた
ご」の監視不十分と認定し、海上自衛隊第3護衛隊に安全教育を徹底するよう勧告しました。
また防衛省は「あたご」が安全航行の基本を怠ったことが事故の直接的原因とする最終報告書
を発表し、前艦長ら38人を戒告処分としました。

 しかし2010年8月23日に横浜地方裁判所で刑事裁判が始まると、自衛隊側は「無罪」
を主張し、5人の強力な弁護団を繰り出して争っています。取調べの不備を指摘されて検察は
押され気味です。業務上過失致死罪等に問われているのは事故当時の当直士官とその前任者の
みで、前艦長も自衛隊組織も責任を問われておりません。16回の公判で証拠調べが終わり、
1月中の論告求刑、最終弁論を経て、3月にも判決が出ます。

 私たち平権懇は2009年3月に東京で「イージス艦『あたご』による漁船沈没事件を考え
る」シンポジウムを開催し、市民による真相究明を訴えましたが、今回は横浜で公正判決を求
める集会を開催します。どうぞお誘い合わせのうえご参加ください。

<賛同人・賛同団体>
芦澤礼子(米軍人・軍属による事件被害者を支える会・関東)、麻生多聞(鳴門教育大学準教
授)、アンポをつぶせ!ちょうちんデモの会、飯島滋明(名古屋学院大学準教授)、生田あい
(変革のアソシエ)、稲生義隆(弁護士)、内田雅敏(弁護士)、浦田一郎(明治大学教授)、
浦田賢治(早稲田大学名誉教授)、大内美南(小児科医)、小幡利夫(出版会社顧問)、加藤
哲郎(早稲田大学客員教授)、菊地宏義(東京歴史教育者協議会)、清水あつ子(明治大学教
授)、清水透(慶應義塾大学名誉教授)、杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)、
高橋峰子(市民)、竹中正陽(船員)、内藤功(弁護士)、中出律(東京歴史教育者協議会)、
野副達司(日本友和会会員)、林郁(作家)、平出吉茂(福祉施設職員)、山内敏弘(一橋大
学名誉教授)、吉岡しげ美(音楽家)、和田隆子(第9条の会・オーバー東京)、渡辺真知子
(アムネスティ)

主催 平和に生きる権利の確立をめざす懇談会
ブログ:http://heikenkon.cocolog-nifty.com/blog/ 
 連絡先 090-5341-1169(杉山)

*なお会場の都合により、テレビカメラ等の機材を伴う取材は固くお断りします
[PR]

# by nonukusandmd | 2011-02-24 11:27 | 講演会・集会案内

2・23 リビア大使館行動のご案内&要請先一覧

2・23 リビア大使館への抗議行動のご案内          [転送・転載歓迎]

リビアで、カダフィ体制の打倒を求める民衆に対する苛烈な弾圧が行われています。デモ隊や住
居に対する戦闘機やヘリからの無差別空爆など、国際人道法に反する虐殺を許すわけにはいきま
せん。国際的な非難が広がり、カダフィ政権から離反するリビア外交官も続出しています。

そんな中、日本政府は「リビアで相当の人が命を落としていることは非常に問題で、抑制的な対
応をそれぞれの政府に求めないといけない」(菅首相)との意味不明な姿勢に終始しています。

2月23日(水)午後、在日のリビア人、リビア人2世の方が中心となって、東京・代官山のリビ
ア大使館前で「反政府、虐殺反対」を掲げた抗議行動が行われます。可能な方はぜひご参加くだ
さい。また、大使館や日本政府への要請もお願いします。

………………………………………………………………………………………………………………

日付:2月23日(水) 16:00~17:00
場所:リビア人民局(大使館)前
[東京都渋谷区代官山町10-14]
地図:http://www.doko.jp/search/shop/sc70324367/#mapBlock
最寄駅:東急東横線 代官山駅

主催者:アーデル・スレイマンさん(在日リビア人学生)他
    <ツイッターアカウント @libyanintokyo >  

【要請先】
リビア人民局(大使館) (FAX)03-3464-0420 (TEL)03-3477-0701
首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
外務省  http://www.mofa.go.jp/mofaj/comment/index.html
菅直人首相  (FAX)03-3595-0090  (TEL)03-3508-7323
前原誠司外相 (FAX)03-3592-6696  (TEL)03-3508-7171
[外務副大臣]
松本剛明    (FAX)03-3508-3214  (TEL)03-3508-7214
伴野豊     (FAX)03-3508-3621 (TEL)03-3508-7191
[外務政務官]
菊田真紀子   (FAX)03-3508-3954 (TEL)03-3508-7524
山花郁夫    (FAX)03-3508-3314 (TEL)03-3508-7314
徳永久志    (FAX)03-6551-0603  (TEL)03-6550-0603
[PR]

# by nonukusandmd | 2011-02-22 22:50 | アクションの呼びかけ

『科学』(岩波)2011年2月号で「日本の宇宙開発」特集

杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。    [転送・転載歓迎]

お知らせが遅くなりましたが、現在発売中の雑誌『科学』(岩波書店)2011年2月号で、日本
の宇宙開発の特集が組まれています。私も「冷徹な戦争インフラとしてのGPS──日本の関わ
りの諸相」という拙稿を書きました。

民生利用も拡大しているGPS(全地球測位システム)。その主目的である軍事利用の側面に
関して、日本との関わりに焦点を当てています。メーリングリスト等でも発信してきた内容を
ベースに、JDAM(GPS誘導爆弾)、画像ジャイロ(無人機の目)、準天頂衛星を取り上
げ、その問題点を指摘しました。

また、巨額の血税を浪費してきた偵察衛星関係経費の年度別決算額の詳細な表(吉井英勝衆院
議員事務所提供)も貴重です。特集全体も、様々な視点から日本の宇宙開発の現状を取り上げ
ており、関心のある方にはぜひ手に取って頂きたいと思います。鮮やかなブルーの表紙で、大
きめの書店にはあると思います。置いている図書館もあるでしょう。

……………………………………………………………………………………………………………

◆『科学』2011年2月号(岩波書店)    http://www.iwanami.co.jp/kagaku/

(目次)http://www.iwanami.co.jp/kagaku/KaMo201102.html

<特集:日本の宇宙開発──科学と平和利用>

宇宙ステーションの夢と現実 ──宇宙滞在50年を検証する…武部俊一
日本の宇宙開発の課題…中須賀真一
宇宙利用重視政策と科学者・技術者…佐藤 靖
暮らしや社会の課題解決を支援する:地理空間情報の統合的な利用…柴崎亮介
GPSの原理と世界の衛星測位システムの動向…安田明生
冷徹な戦争インフラとしてのGPS──日本の関わりの諸相…杉原浩司
火星探査の歩み…佐々木 晶
金星探査機「あかつき」と金星の科学…今村剛
[短報]
EUの宇宙政策──新たな宇宙開発のアクター…鈴木一人
中国意識のオバマ宇宙政策──背景にはアメリカの衰退 …明石和康
[コラム]
切手でたどる宇宙ステーションの歴史…武部俊一
宇宙の放射線環境…長谷部信行・早津佳那子
私たちの生活を豊かにする宇宙技術…野本陽代
情報収集衛星関係経費 年度別決算額(1998~2009年度)
[巻頭エッセイ]
宇宙探査と夢…永原裕子
[PR]

# by nonukusandmd | 2011-02-14 20:28 | 参考文献・映像
line

「ミサイル防衛(MD)」や「軍産複合体」の終焉をめざして、動向をウォッチ、反対の声を発信します。在日米軍・日米安保やイスラエル・パレスチナ、チェチェン関連などの動きも一部カバーしています。


by nonukusandmd
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30